ボラバイト プチコラム

農業・牧場・宿泊業の求人サイト「ボラバイト」スタッフあっきーのブログです。

【Jason's キッチン】2019/7月号 新生姜(ショウガ)の甘酢漬け

タイトルだけ見るとさわやかな料理名ですが、要するところの「ガリ」(お寿司の脇にそえられているもの)です。

ガリを作るんですか?!と思われるかもしれませんが、自分で作ったものは格段に美味しく感じますよ!今回はこちらのレシピを元に作りました。

www.sirogohan.com

【材料】

  • 新生姜:300g
  • 下ごしらえ用の塩:小さじ1/2
  • 昆布だし:180ml
  • 酢:120ml
  • 砂糖:大さじ5
  • 塩:小さじ1/2

    f:id:volubeit:20190717164132j:plain

詳しい作り方はリンク内容をご確認ください。
作ってみてポイントになりそうな部分のみ挙げます。

新生姜はなるべく薄く切る。スライサーがあれば使った方が良いかもしれません。
厚みがあると辛みが強くなるので、薄くした方が食べやすい味になります。
漬け込む甘酢は好みで配合を変えてOK!参考にしたレシピは甘みを抑えたさっぱりした味だったので、お寿司屋さんの甘めガリが好きな人は砂糖の量を増やすと良さそうです。また昆布だしを使っていないレシピも結構あるので、その分お酢を増やしたり、
アクセントになりそうな調味料を隠し味で入れても美味しくなりそうです。
保存容器は清潔なものを使用 容器が汚れているとカビや食中毒の原因にもなるので、
キレイに洗ったもの、煮沸消毒したものを使用してください。

f:id:volubeit:20190717164236j:plain

2分ほど熱湯で茹でます。部屋いっぱいに新生姜の良い香りが広がります。

f:id:volubeit:20190717164301j:plain

甘酢と新生姜、両方覚めたらビン詰めします。

新生姜の少し赤い部分とお酢が反応して、液体がピンク色に変わる瞬間も注目です!
出来上がったらお寿司に添えてもよし、そのままご飯のお供として食べても最高です!
そうめんなどの薬味にしても良さそうですね。

f:id:volubeit:20190717164053j:plain

ちなみに調べてみると新生姜の旬は秋。初夏に出回るものはハウス栽培のものが主流だそうです。さわやかなイメージから夏が旬かと思いきや新しい発見でした。また新生姜を数ヶ月貯蔵すると、普段食べている茶色い生姜(ひね生姜)になるそうです。
へ~!そうだったのか…!

www.felissimolife.jpこれから夏の暑い時期に屋外でボラバイトをする方にも、保存が効いて塩分補給も出来るガリ、おすすめですよ!ぜひお試しくださいね。