ボラバイト プチコラム

農業・牧場・宿泊業の求人サイト「ボラバイト」スタッフあっきーのブログです。

【Jason's キッチン】2019/1月号 全国のうまいごはん探訪記 ~岐阜編~

ボラバイトの受け入れ先は全国津々浦々。私自身、ボラバイトで新しい募集を掲載するたびに、「おお、日本にはこんな場所があったのか…!」と、自分が知っている地域はまだまだ氷山の一角だと痛感する毎日です。
中には私と同じように、日本のいろいろなエリアに行ってみたいけれど、どこへ行ったら良いかと踏みとどまっている方も多いと思います。なので、今年から不定期ではありますが、仕事やプライベートで訪れた地域の、そして、Jason's キッチンにあやかり「食」にフォーカスした旅の記録を共有していきたいと思います。ほんの少しでも「ここに行ってみようかな」と思うきっかけの一つになれば御の字ですので、あまり真剣に読まず苦笑、楽な気持ちで読んでいただけると…。
【今回行ったところ】

岐阜県 恵那市(えなし)
皆さま「岐阜」と聞いて何を思い浮かべますか?……飛騨牛下呂温泉白川郷、ふむふ、やっぱりそうですよね。今回の旅で知ったこと、岐阜ってエリアがめちゃくちゃ広い!恵那市は岐阜の中でも下側左寄りの「東濃エリア」そして、下呂温泉白川郷はもっと北側の「飛騨エリア」にあって地域の特色が全然違うんですね…!

     f:id:volubeit:20190123101035p:plain
http://www.gifunoyado.gr.jp/gifu.html
(参照:岐阜の宿:岐阜エリア)

【アクセス】
品川→
東海道新幹線(のぞみ約90分/こだま約120分)→名古屋→中央本線(約60分)→恵那
名古屋駅から約60分、東京からでも約3時間で到着するので結構アクセスは良いです◎ 体感にも早く着いたなと感じました。都会から郊外へ、徐々に渓谷や田園風景が変わっていく様子を眺めているとあっという間に到着しました。

【おいしかった食べもの】
泊まった民宿の夕食に飛騨牛が出てきましたが、(もちろん美味しかった…!)恵那で食べることが出来て良かった!と思うものがたくさんあったので、ぜひ共有させてください。

〇ひかり食堂のAランチ
恵那駅から徒歩2分、なんとNHKの朝ドラ「半分、青い」でおなじみ「つくし食堂」のモデルになった食堂だとか!毎朝かかさず見ていた朝ドラだったので、偶然ですがかなりラッキーでした。丼もの、麺類、定食なんでもあって、まさにこれぞ食堂!

f:id:volubeit:20190123140914j:plain
Aランチ(これで700円!ごはんハーフで注文しましたがそれでも結構なボリュームです)
https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/(参照:NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い」HP)
≪移動≫(恵那→明智鉄道(約30分)岩村
岩村は、「半分、青い」に出てくる「ふくろう商店街」のロケ地で、実際にも岩村町商店街として営業しています。駅を降りて数分で縦に長くつづく商店街が見えてきます。

f:id:volubeit:20190123141822j:plain
↑恵那~岩村の電車は1時間に1~2本 反対側の乗り場に行くときは線路に降りて渡ります。

f:id:volubeit:20190123142111j:plain
〇五平餅
ドラマでも五平餅がキーポイントで出てくるので、放送期間中はお店で整理券を配布するほど大人気だったそうです。みそだれの味はお店ごとに違い、このお店はショウガ風味の香ばしい味でした!

f:id:volubeit:20190123142212j:plain
↑注文が入ってからみそだれを塗って焼き目をつけます。外までいい匂い。1本200円

f:id:volubeit:20190123142430j:plain
観光案内所の方がおすすめしてくださった、五平餅の「みはら」さん。

〇カステラ
見た目はこんがりした厚焼きたまごのようですが、この地域にカステラが伝わった当初のレシピをそのまま守り続けている恵那の伝統お菓子だそうです。

f:id:volubeit:20190123150606j:plain
〇女城主(日本酒)
商店街の中にある岩村酒造オリジナルの日本酒。日本三大山城の「岩村城」その城主が、織田信長の叔母「おつやの方」だったことから、岩村は「女城主の里」と呼ばれているそうです。店舗の奥につづく酒蔵を誰でも自由に見学できます。その場で試飲もOK!やっぱり現地でいただく地酒は格別においしく感じます。

f:id:volubeit:20190123143611j:plain
↑酒蔵見学。地面のトロッコ線路はかつて米や水を運んでいた名残りだそうです。

f:id:volubeit:20190123151006j:plain
http://onna-jyoushu.iwamura.jp/(参照:女城主の里いわむら【公式】)
http://torokko.shop-pro.jp/?mode=f5(参照:岩村酒造HP)
〇鯉の甘露煮
今回の旅、個人的ベストはこの「鯉の甘露煮」でした。もう何も言わずにぜひ食べていただきたい。旅館の夕食に出てきて、最初は、鯉?よく池で泳いでるけど…?と、申し訳ないですが、正直あまり期待せず食べたら…その概念がガラッと変わるほど衝撃の美味しさでした。しっかりめに甘辛く煮ているので臭みはまったくない上に、身はとても柔らかくて、内臓は旨味が濃厚ですべてが美味しかったです。鯉料理は長野県佐久市や、山形県米沢市あたりが有名みたいですね。鯉の美味しさは新たな発見でした…。

【旅の感想】
一言、また行きたいです。恵那はもちろん他のエリアにも足を伸ばして文化の違いを体感したいです。けっして派手さはないですが、昔ながらの味を愉しんだり、自然の景色と一緒に食を楽しみたい方にはぜひ一度訪れていいただきたい場所としておすすめします。あと、街の人がみんな親切。みんな親戚のように接してくれてとても温かいです。

【さいごにボラバイトの告知】
岐阜県行ってみたいな~という方は、こちらに東海・近畿エリアのボラバイト情報をアップしておりますので、ぜひご覧ください。
\ 東海・近畿エリアのボラバイト /
http://www.volubeit.com/info/ex/0_0_00_1_1_1_5_00_00_00.html
---------------------------------------
<お店インフォメーション>
Aランチ :ひかり食堂 509-7201 岐阜県恵那市大井町251
五平餅 :みはら 509-7403 岐阜県恵那市岩村町799−1
カステラ:松浦軒本舗 509-7403 岐阜県恵那市岩村町809‐6
女城主 :岩村酒造 509-7403 岐阜県恵那市岩村町342
鯉の甘露煮:岩寿荘(民宿)509-8301 岐阜県中津川市 蛭川4467−4
--------------------------------------