ボラバイト プチコラム

農業・牧場・宿泊業の求人サイト「ボラバイト」スタッフあっきーのブログです。

市場の「なやみ」と「もがき」とは?~『八百森のエリー』4巻を読んで~

12月スタートしました!平成最後の12月。昨日の東京は夜8時頃でも20℃超えのムシムシ天気で念のため着ていたコートが邪魔なほどでした。
今年は暖冬傾向の予報が出ていましたが、どうなることやら。

 

さて。このブログやツイッターでも何度かご紹介してきた
『八百森のエリー』の最新刊が先月発売されました。

八百森のエリー(4) (モーニング KC)

八百森のエリー(4) (モーニング KC)

 

 ジャニーズモードののりたま(表紙左)がかっこいい(*´∇`*)

 

最初のお話にあった「なやみ」と「もがき」とは??

・なやみ・・・豊作で市場に青果物が余っている状態

・もがき・・・不作で市場に青果物が少ない状態

なやみの時期にとうもろこしをどう買ってどう売るか、生産者から消費者に至るまでに関わるお仕事をしている方の様子が丁寧に描かれていて今回も勉強になりました。
スーパーのバイヤーの谷さんの「悪いけどエリー君のぬるい野菜愛だけじゃ議論にならない」というセリフとスイカが砕け散るあのコマにぐっときました。詳細はぜひ買ってからご覧ください・・・。

と、日本農業新聞でちょうどこんな記事が↓

www.agrinews.co.jp去年の「もがき」から一転、今年は好天続きで生育は順調な「なやみ」の時期。スーパーのバイヤーさんの立場だと「レタスなどのサラダ商材を売るには寒いが、ハクサイなど鍋物商材を売るには暖かく、売りにくい状況だ」とのこと。

ただ、今後はクリスマスや年末年始に向けた需要が強まり、「相場は持ち直していく」(卸売会社)見通しだ。

 生産者さんから自分の手元に届くまでの過程をたまに想像してみるのも面白いかもしれません。レタスと白菜、スーパーで値段チェックしてこよう(●’∇’)

 

夏に紹介した時の記事はこちら↓↓

volubeit.hatenablog.com