ボラバイト プチコラム

農業・牧場・宿泊業の求人サイト「ボラバイト」スタッフあっきーのブログです。

【あっきーの備忘録】「栽培方法」あれこれ。

ハロウィンの盛り上がりを横目に、ボラバイトの最近は年末年始の求人募集も増え始め、気持ちはすでに年末年始に。それが終わったら春の募集も増えてきて・・・と色々先取りで準備しているせいか一年がすごいスピードで過ぎて行ってしまいます。

 

さて。今回は基本に立ち返って。農業における「栽培方法」のあれこれを簡単にご紹介します。慣れてくると聞き流せることも、初めて聞いたらなにそれ??ってなりますよね。募集コメントの文章でも見ることがあると思うので、さらーっと読んでみてください。

f:id:volubeit:20181031161159j:plain

【露地栽培か施設栽培か】

露地栽培は文字通り「露天の畑で栽培する方法」を指します。初期投資をあまりかけずに栽培することが出来ますが、季節や天候に左右されるという点もあります。

施設栽培は「ビニールハウスやガラスハウスなどの施設の中で栽培する方法」を指します。温度を管理できるため、露地栽培のものと季節をずらして販売することもできますが、ハウスの建設費用や設備費用が多額になるという点もあります。

【土耕栽培か水耕(養液)栽培か】

 土耕栽培と水耕栽培では作物の成長スピードに差が出ます。水耕栽培の方が根が成長する際の抵抗が少ないため、より早く収穫できると言われています。

また閉鎖された施設内で水耕栽培をする場合、農薬や殺虫剤で害虫や病原菌などの駆除をする必要がほとんどないため安全で収量も安定すると言われます。

 

トマトやきゅうり、レタスなどは水耕栽培と相性が良いようで、
上に書いたものに限らず、どんどんと栽培技術も進歩・変化しています。
最先端の面白い技術情報はぜひコメントに!(笑)

 

参考:

shisetsuengei.com