ボラバイト プチコラム

農業・牧場・宿泊業の求人サイト「ボラバイト」スタッフあっきーのブログです。

ボラバイト先で地震が起きたら?備えあれば憂いなし!

こんにちは!6月も最終週。東京含め、全国的に暑い日が続いていますね。

今年の梅雨も「あれ・・・梅雨だった?」くらいの雨の少なさで、野菜や果物の生長に影響がないか心配です。

 

さて。6月は日本各地で大きな地震が頻発しましたね。


6/17には群馬県渋川市震度5弱。6/18には大阪府北部で震度6弱
群馬県震源震度5弱以上の揺れを観測したのは統計を取り始めてから初めて、大阪も震度6弱以上の揺れを観測したのはこちらも統計を取り始めてから初めてなんだそうです。
改めて日本で暮らすということは「いつどこで地震が起こってもおかしくない」ということを再認識する機会になりました。

ということは、ボラバイトをしている最中や、ボラバイトへの移動中、またはボラバイトの休日の観光中などにも地震が発生する可能性もゼロではないですよね。

いつも暮らしている場所ならまだしも、まったく知らない土地で地震が起きたらどうでしょうか。避難する場所は?避難ルートは?

f:id:volubeit:20180618163517j:plain

1:「地震が発生したらどうする?」地元の人に確認!

避難場所や避難ルートは地元でなければ分からないこともたくさんありますよね。
住み込みのボラバイトの場合、宿泊場所は自宅の一室や離れ、少し離れた場所にあるアパートや従業員寮など様々。特に離れた場所で宿泊する場合は、避難場所やルートを事前に確認しておくことが大事です。

 

また自治体からの避難情報を通知してくれるアプリを活用するという手もあります。

YAHOO!JAPANの「防災速報」では緊急地震速報や避難情報をプッシュ通知でお知らせ。豪雨情報や熱中症情報などもお知らせしてくれるので、外で農作業をするような場合は普段から使えますね!

emg.yahoo.co.jp

2:地震が発生したら落ち着いて指示に従う!

ボラバイトでの勤務中以外でも、新幹線やバスでの移動中や、休日の観光中に地震が発生することがあるかもしれません。その場合でも、落ち着いて指示を待つことが大事です。慌てて行動すると、思わぬ怪我をしてしまう可能性も。

停電が長引いたり、待機時間が長くなることを考えると、スマートフォンでしっかりと情報を得るためにも、モバイルバッテリーを持参することもオススメします。

 

参考:

traveltoku.com