ボラバイト プチコラム

農業・牧場・宿泊業の求人サイト「ボラバイト」スタッフあっきーのブログです。

【あっきーの備忘録】「育成牛」と「搾乳牛」

牧場の募集コメントを見ていて分からなかった単語「育成牛」と「搾乳牛」。搾乳牛は文字通りかなーと想像できますが、育成牛ってどの段階のことなんだろうと思って調べました。

 

雪印メグミルクのミルクアカデミーの中にある「乳牛のライフサイクル」によれば

日本の乳牛のほとんどは人間の手による人工授精で妊娠し、仔牛を産みます。仔牛は13〜16ヶ月成長すると、最初の種付け(受精)をして妊娠します。妊娠期間は約10ヶ月。つまり産まれてから2年位で自分も母牛となり、乳を出すようになるのです。

 生まれて2年で搾乳とは・・・思っていたより早い(๑ʘ∆ʘ๑)!!

ということで、「育成牛」は生後2ヶ月頃の離乳から種付け(受精)までの牛、のことを指すんだそうです。

f:id:volubeit:20171113145421j:plain

出産した牛はその後約300日程搾乳されます。これが搾乳牛ですね。そして出産後約2ヶ月で人工授精し、母体の体力回復を目的とした乾乳期間(搾乳しない期間)を経て次の出産をします。このサイクルで大体5~6年で役割を終えるんだそうです。
牧場で働いてみると、よりリアルに牛の一生について、私たちがスーパーで買う牛乳について学ぶことが出来るのではないでしょうか。
(日本では牛舎でのつなぎでの飼育が一般的なので、上の写真のようにのんびり草を食べる牛を見られる場面は少ないかもしれません・・・)

参考サイト:

乳牛のライフサイクル | ミルクと牛のお話 | 雪印メグミルク株式会社

--------

【12月*ボラバイトCafe*開催スケジュール】

これからボラバイトに行きたい、ボラバイトについて詳しく知りたい方!ボラバイト説明会「ボラバイトCafe」、今年ラストの開催日時が決まりましたのでお知らせいたします。

-*-*-*-*-*-

【日時】12月12日(火)13時~15時
【参加費】無料

▼cafeの概要・お申し込みはこちらのページから!
http://www.volubeit.com/form/

-*-*-*-*-*-