ボラバイト プチコラム

農業・牧場・宿泊業の求人サイト「ボラバイト」スタッフあっきーのブログです。

【Jason's キッチン】6月号 今年の梅仕事 ~梅シロップづくり~

こんにちは、【Jason's キッチン 6月号】です。

この時期もっぱら話題にあがるのが「梅雨」ですが、こちら東京も絶賛雨模様です。

そんな季節に、私がここ数年かかさず購入しているものがあります。

「梅」です。
(梅雨と梅をかけたわけじゃありませんよ。)

毎年梅を購入しては、梅ジュースや梅酒を漬ける『梅仕事』に勤しんでいます。
梅を使って、梅干しなどの保存食を作ることを指すそうですが、
最近、SNSでもこの言葉を使っていらっしゃる投稿をよく目にします。

今回は先日、わが家で作った梅シロップづくりの様子をご紹介します。

今年は豪華に2種類購入!
どちらも同じ品種だと思いますが、熟し具合がちがうものをそろえました。
(ちなみに三重と奈良産の梅です。)

 

下準備としてこれを一晩冷凍します。
お腐り防止と、凍らせて組織が壊れることでエキスが早く出てくるそうです。

f:id:volubeit:20170621134112j:plain

これは直接体感していただきたいのですが、袋を開けたときの香りがまったく違います。
青梅は、若くフレッシュで、やや青臭さの残るような香り、
熟した梅は甘い香りで、少し桃のような香りがします。

翌日、材料を並べていざ梅仕事!

f:id:volubeit:20170621134139j:plain

少し気になるものが見切れていますが、気にせず漬けます。
(ちなみにうちで飼っている猫のグングンです。)

 

同じグラムの梅と氷砂糖を層になるように交互につめていくだけ、とてもカンタンです。ビン2本を10分ほどで漬け終わりました。

f:id:volubeit:20170621135836j:plain

嬉しくなっていろんなアングルで撮ります。

f:id:volubeit:20170621135817j:plain

グングンはどこでにでも写りたがりです。

f:id:volubeit:20170621135826j:plain

f:id:volubeit:20170621134148j:plain

梅が凍って冷たいので表面が結露してきます。
しばらく置くと氷砂糖が溶けて梅が浸かり、美味しい梅シロップの完成です。

私はいつもお水で割って梅ジュースにして飲んでいます。

梅には疲労回復効果のある「クエン酸」がたくさん含まれているので、
これを飲んでいるおかげか、疲れが尾を引かず、ひと夏元気に過ごせています。

梅は、6月のごく限られた時期にしか出逢えないので、
スーパーで見かけるたびにもうそんな時期なんだと思います。

野菜や果物を通して季節を感じ、時季にあった旬のものをいただく、
これってとてもぜいたくな暮らしだなあと思っています。

普段食べているものの、旬の時季・季節ごとの味の違いなんかを考えながら
いただくと少し見方がかわりますよ!ぜひ。

ちなみに梅はまだスーパーで売っていますので、
作ってみようと思った方は今からでも間に合います!

最後は、主役の梅そっちのけで前に出てきたお写真でお別れです。

f:id:volubeit:20170621134151j:plain

また次回、7月号でもよろしくお願いします!
(夏野菜をテーマしようかと思っています。)