ボラバイト プチコラム

農業・牧場・宿泊業の求人サイト「ボラバイト」スタッフあっきーのブログです。

クラウドファンディングとは?~農業での活用いろいろ~

最近いろんな所で聞くようになった「クラウドファンディング

群衆・大衆という意味の「クラウド(crowd)」と、財政支援・資金調達という意味の「ファンディング(funding)」を合わせた造語で、アメリカ発祥のしくみとされています。

f:id:volubeit:20180605164210j:plain

日本では2011年頃から「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」Readyfor「小さな火を灯しつづける」CAMPFIREなど、様々な団体が東日本大震災の復興関連のプロジェクトで資金調達を行った頃から、注目され始めました。
最近は音楽や地方活性といったジャンルに特化したサイトも増えてきています。

 

そして農業のクラウドファンディングの活用事例は、例えば「通販サイトをつくりたい!」とか、「特産品を使った新商品を食べて欲しい!」とか、このブログでも紹介した「食べる通信を創刊したい!」など様々。事業に必要な資金を集めると同時に、活動を応援してくれる「ファン作り」の一面もあるので、事業の規模を問わずに活用している人が多い印象です。プロジェクトを支援すると、プロジェクトの実行者の方とやりとりが出来たり、支援のリターンとして農産物をゲット出来たり、といったことも。

 

最近一番注目を浴びた農業系のプロジェクトといえば、やっぱりこれでしょうか。

nou-ledge.com

農業に特化しているのは、農業専門メディア「マイナビ農業」が運営する「クラウドマルシェ」。先日ツイッターでもつぶやいた、小倉崇さんのプロジェクトもあります。

面白いプロジェクトが出てくるか要チェックです!

--------

次回のボラバイトcafe

●6/21(木)13:00~15:00に開催!

ボラバイトに対する疑問・質問・相談、なんでもスタッフがお答えします!

お申し込みはこちらから!

よくある質問その4「留学生・ワーキングホリデーでもボラバイトできる?」

6月に入って、東京も今日ぐらいから梅雨入り??でしょうか。
どんよりした天気でも頑張ろう!と活を入れながら仕事をしている最近です。

 

さて。ボラバイトでは海外からの留学生、ワーキングホリデーの方にも多く使って頂いています。ボラバイトに行ったら外国人の友達が出来た!なんて可能性も年々高くなっていると思います。今回は日本の大学に留学している方や、ワーキングホリデーで滞在している方向けに、応募の際の条件について書きます。

f:id:volubeit:20180605135317j:plain

【1】留学生

●「資格外活動許可」をもらった上で応募してください。

●労働時間は1週間につき28時間まで、長期休暇中は1日8時間までの労働が認められています。

【2】ワーキングホリデー

●観光ビザ、就学ビザ、コンサートなどの特別就労ビザではなく、必ずワーキングビザを取得した上で応募してください。

-----

留学中やワーキングホリデーでボラバイトをする場合、ほとんどのボラバイト先さんでは日本語が主なコミュニケーションの言語になります。応募の際に語学のレベルは問いませんが、電話面接時の会話が上手く進まないと、採用が難しくなるケースが多いです。

また募集情報に「ワーキングホリデー歓迎」と記載のあるボラバイト先さんでは、受け入れ実績があるか、または英語や中国語などのスキルを活かせる所なので要チェック!

観光だけでは分からない、日本各地の人や暮らしや食事などに触れる機会になると思います。ぜひチャレンジしてみてください。

-----

次回のボラバイトcafe

●6/21(木)13:00~15:00に開催!

ボラバイトに対する疑問・質問・相談、なんでもスタッフがお答えします!

お申し込みはこちらから!

農業・食の情報を集めるならココ!

早くも5月が終わろうとしています。先月の会社お引っ越しから先日のボラバイトcafe+開催まで、時間がぴゅーんっと過ぎて行ってしまったような感じがしています。

 

さて。学校で農業や食に関わる勉強をしている方、これから農業や食に関わる仕事に就きたい、転職したいと考えている方は、どこで情報を集めていますか?
学校であれば図書館に欲しい資料が揃っていると思いますが、そうでない場合、都内で情報を集めるのにオススメの場所をご紹介します。

味の素食の文化センター

味の素食の文化センターは、1989(平成元)年に食文化に関する研究支援と普及・啓発を目的に設立しました。 以来、食分野に特化した食の専門図書館「食の文化ライブラリー」のオープン、食文化誌『vesta』の発刊、食文化に関連したテーマで毎年開催するセミナー、研究助成など、複数の事業を継続して行っています。

f:id:volubeit:20180529115523j:plain

入り口はこんな感じ。

ここは食分野に特化した専門図書館として、レシピが載っているような雑誌から、食に関する社会問題から(私が借りたのはフードロスの本)、『食のハラール入門』なんて本も。食材、食文化、食の歴史など食に関わる情報ならココ!

-------
私が行った日は夏日でギラギラした日差しを避けながらたどり着いたんですが、中に面接の受付を待っている就活生がリクルートスーツでずらーっと並んでいました。
暑そう・・・頑張って!!!

 

農業書センター

個性あふれる本屋さんが並ぶ神保町らしく、日本で唯一の農業書専門の本屋さんです。
栽培方法を解説したような本はもちろん、狩猟関連の本も充実していました。あとは地方移住、地方での仕事に関する雑誌なども充実していたので、こちらの方が「ボラバイトらしい」感じがしました。

 

f:id:volubeit:20180529132225j:plain

農業書センターで買った雑誌、フリーペーパーなどを並べて2階スペースの本棚を更新してみました。ボラバイトcafeで来て頂く際にはぜひ!

------

ボラバイトcafe

●6/21(木)13:00~15:00に開催!

ボラバイトに対する疑問・質問・相談、なんでもスタッフがお答えします!

お申し込みはこちらから!

------

参考URL

www.syokubunka.or.jp

www.ruralnet.or.jp