読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボラバイト プチコラム

農業・牧場・宿泊業の求人サイト「ボラバイト」スタッフあっきーのブログです。

『ききりんご紀行』(谷村 志穂)

皆さんはりんごはよく食べますか?どんな種類のりんごが好きですか?

 

私にとってりんごとは、「風邪を引いた時にすりおろして食べるもの」「実家に帰ってテレビを見ながら食べるもの」であって、日常的に買って食べるものではないように思います。種類で言うと、シナノゴールドが一番好きです。

 

今回は、東奥日報(青森)での谷村志穂さんの連載をまとめた『ききりんご紀行』を紹介します。まず表紙裏に「りんごの種類、いくつ言えますか?」とあって、ずらーっとりんごの名前が並んでいます。28種類もの名前が並ぶ中、私が見たことがあったのは7種類だけ!始めて見た名前は、キュート、紅の夢、星の金貨、冬恋、金星、ニュートンのりんご(こんなタイトルの曲があったような・・・)などなど。

貯蔵技術の進歩で一年中スーパーに並んでいるりんごですが、そうは言ってもそれぞれの種類に旬があって、収穫される時期によって早生種、中生種、晩生種と呼び分けがされるそうです。私が一番気になったのは、お盆のお供えにするために作られるという「夏緑」。谷村さんは「青い色が涼やかで、りんごにはじめて涼をもらった気がした。」と書いています。見てみたい!食べてみたい!秋の連休は青森旅行かな・・・

 

*:.。..。.:*・*:゜お知らせ・*:.。. .。.:*・゜

3/25・26に新宿中央公園にて、ボラバイト先の農家さんが集まるイベントを開催します。ボランティアも募集していますので、気になる方はこちらから!

 

f:id:volubeit:20170302112648p:plain

(この前食べたリンゴタルト。これは・・・紅玉??ふじ??)

農業小説:『プライド』(真山仁)

家の近くに素敵なコーヒー屋さんを見つけて長居したりして、この前の土日に3冊本を読みました。(ちなみにコーヒーは飲めません。)

その中の一つ、真山仁さんの『プライド』という小説を紹介します。

 

真山仁さんを調べると、企業買収の舞台裏を描いた『ハゲタカ』でデビューして、これがNHKのドラマになって大ヒット、とあります。うっすらと聞いたことがあるような、ないような・・・と思ったらドラマは2007年放送でした。うん。たぶん見てないですね。

 

『プライド』は短編集なので読みやすいと思います。期限切れ食材を使った菓子職人の胸中に迫る表題作の「プライド」、変人官僚が事業仕分け人と対決する「一俵の重み」、養蚕・製糸業が舞台の「絹の道」、農薬の危険性を指摘した「ミツバチが消えた夏」。

以前私が紹介した2つの小説とは違い、農業に色々な形で関わっている人たちのお仕事小説、といえばいいでしょうか。現場の畑や牧場で働くという以外にも、様々な関わり方があるということが分かると思います。

加工用の食品とスーパーに並ぶ食品の違いや、日本の養蚕・製糸業の今、農薬についてなどなど、まだ知らないことだらけだなと思いました。小説以外にも農業関連の本も紹介していけるように、勉強していきます!

f:id:volubeit:20170221130304p:plain

                   (今日はにゃーにゃーにゃーで猫の日!)

(*'∇')/゚・:*【祝!フォロワー1000人!】*:・゚\('∇'*)

今日は快晴でぽかぽか陽気の東京です。2月も半ばになり、そろそろ花粉シーズン到来といったところでしょうか。今年は東海より西は例年より多く、北海道は例年より少ないみたいです。花粉症の人はぜひ北海道でボラバイト

 

さて。ボラバイトTwitterでも、日々ボラバイト先さんをご紹介しています。今日はどこにしようかなーと考えていたら・・・

あれ?フォロワーさん1000人になってる!

(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

f:id:volubeit:20170215144331p:plain

 

どこかにボラバイトに行きたいんだけど、どうしようかなーと悩んでいる方は、ぜひフォローして「お!ここ行きたい!」という所を見つけてください。

ボラバイトTwitterはこちら→https://twitter.com/volubeit