ボラバイト プチコラム

農業・牧場・宿泊業の求人サイト「ボラバイト」スタッフあっきーのブログです。

【Jason's キッチン】2019/6月号 今年も「梅仕事」のシーズンがやって来た

やって参りました…!ついに6月!!梅雨は苦手ですが、梅は大好き!!!
今年もこのシーズンを心待ちにしておりました。ご覧ください、毎年飽きもせずに梅仕事ブログをせっせと書き続けています。

volubeit.hatenablog.comvolubeit.hatenablog.com毎年同じこと書いてる…?と思われるかもしれませんが、梅の品種を変えてみたり、ちょっとずつ実験的な感じで楽しんでします。そして今年も趣向を変えまして、念願のあの材料を使って梅シロップを漬けてみました。

◆「金平糖」梅シロップづくり◆
去年のブログを書く時に、金平糖を使ったレシピを見て、今年は絶対やると決めていました。梅はOisixオイシックス)で購入。500グラムで800円。

  f:id:volubeit:20190619163214j:plain

見た目がカラフルだし、この完成品をご覧下さい!めちゃくちゃ可愛いですよね…!素朴な疑問だけど、完成したシロップは金平糖の色が混ざった感じになるんでしょうか…?仕上がりも非常に楽しみです。

  f:id:volubeit:20190619163134j:plain

  f:id:volubeit:20190619163242j:plain

材料は梅と金平糖を同量、交互に詰めていくだけ!ビンはあらかじめ熱湯をたっぷりかけて消毒し、水気がなくなるまで乾かした物を使用しています。梅は事前に冷凍しています。生の梅よりエキスが早く出て完成も早くなるそうです。

あと最近、Twitterでバズっていたこの梅シロップの作り方、ご存じですか?

 炊飯器で保温するだけ…?!簡単…!!本当にこれで出来ちゃうんだ?!とかなり目からウロコだったのですが、すごく興味があるので今季ぜひ挑戦してみたいと思います。

梅が出る時季は本当に限られているので、
お店で見かけたらぜひぜひ一度「梅仕事」体験してみてください。

ボラバイト応募の手順 その1:会員登録

関東は梅雨入りの発表がありましたが、晴れの日が続いています。全国的にも雨が降らず、水不足の地域があるようで、諸々の影響が心配なこの頃です。
-----------
ボラバイトは20周年を前に、6/10にサイトを一新!リニューアルしました。
応募の手順としてはこれまでと大きく変更はありません。
会員登録→詳細問い合わせ→履歴書フォーム送信→電話面接→結果報告

基本の手順については下記のページの漫画より確認していただけると分かりやすいかなと思います。⇒https://www.volubeit.com/about.html

(漫画は毎週木曜の更新を楽しみにしている「イラストレーターだけど農業始めてみた」のパウロタスクさんにお願いしました。)

イラストレーターだけど農業始めてみた|パウロタスク|cakes(ケイクス)

漫画よりも細かく解説していこうと思います!

f:id:volubeit:20190614165623j:plain

f:id:volubeit:20190614163115j:plain
f:id:volubeit:20190614163351j:plain

ページ上部の「ACCOUNT」か、右端のメニューボタンを押して「会員メニュー」の「新規登録&ログイン」を選ぶと・・・

f:id:volubeit:20190614163522j:plain

 このページが出てきます。
メールアドレスで登録するか、SNSアカウントでもログインが可能です。
ログインした状態で先ほどと同じく「ACCOUNT」を選ぶと、

f:id:volubeit:20190614163912j:plain

このページが出て、プロフィールを編集することが出来ます。
ページに書いてある通り、ボラバイトの応募には新規登録とプロフィールのすべての項目の記入が必須です。


次回は気になるボラバイト先の探し方のポイントと詳細問合せについて書きます!
ボラバイト新サイトはこちらから⇒

www.volubeit.com

【Jason's キッチン】2019/5月号 旬の「たけのこ」を堪能したい

みなさん今年は「たけのこ」食べましたか?旬の時期がとても限られているので、私は見つけたら「お!」とすぐ手に取ってしまいます。特に天ぷらとたけのこご飯が好きで、シーズン中に必ず1回は作ります。

f:id:volubeit:20190522103110j:plain
◆たけのこの部位と料理
ボラバイト先の食卓でもたけのこを使った料理が出てくる機会って結構あるのではないでしょうか?今年はたけのこ収穫ボラバイトの募集、なんていうものもありました。

たけのこ料理というと先述のたけのこご飯などがメジャーですが、たけのこの「部位」によってそれぞれ相性の良い料理があるそうですよ。

weathernews.jp
根元の方が硬いので、シャキシャキ食感を楽しむ炒め物などに向いているそうです。
穂先へ行くにつれて柔らかくなるので、なるほどお味噌汁に入れたり、和え物に適しているんですね。穂先と皮の間は「姫皮」という部位で、ここも活用できるのは初めて知りました。

◆たけのこの産地
圧倒的に九州が強い!上位3県すべて九州で全体の60%シェアです。九州の土質だったり、竹林の数だったり。あとは、たけのこが日本へ伝わったのが、中国から「鹿児島」に持ち込まれたのが最初だったそうで、それが色濃く関係しているのかもしれません。

f:id:volubeit:20190522095224p:plain
野菜情報サイト 野菜ナビ
https://www.yasainavi.com/zukan/takenoko.htm

◆種類とその他もろもろ
たけのこの種類自体は70種類ほどあるそうですが、食用で一般的なのは「孟宗竹(もうそうちく)」と呼ばれるものだそうです。個人的に最近好きな「メンマ」もたけのこから出来ているんですよ。麻竹という種類のたけのこを乳酸発酵させて天日干し乾燥に…ってメンマって発酵食品なんだ…!?知らなかったです…。

調べれば調べるほど知らないことだらけの「たけのこ」
知っていると食べることがより楽しくなりますね。たけのこの下処理や詳しい料理は
こちらをどうぞ↓

o-e-c.net
たけのこの旬は4~5月、頑張ればあと一回くらい食べられるかな~。ぜひみなさんも旬の味覚味わってみて下さいね。
来月はもう決まってまして、毎年のことですみません、ジェイソン一押し「梅」についてです。今年もたくさん漬けるぞー!!!よろしくお願いします。