ボラバイト プチコラム

農業・牧場・宿泊業の求人サイト「ボラバイト」スタッフあっきーのブログです。

【Jason's キッチン】6月号 今年の梅仕事 ~梅シロップづくり~

こんにちは、【Jason's キッチン 6月号】です。

この時期もっぱら話題にあがるのが「梅雨」ですが、こちら東京も絶賛雨模様です。

そんな季節に、私がここ数年かかさず購入しているものがあります。

「梅」です。
(梅雨と梅をかけたわけじゃありませんよ。)

毎年梅を購入しては、梅ジュースや梅酒を漬ける『梅仕事』に勤しんでいます。
梅を使って、梅干しなどの保存食を作ることを指すそうですが、
最近、SNSでもこの言葉を使っていらっしゃる投稿をよく目にします。

今回は先日、わが家で作った梅シロップづくりの様子をご紹介します。

今年は豪華に2種類購入!
どちらも同じ品種だと思いますが、熟し具合がちがうものをそろえました。
(ちなみに三重と奈良産の梅です。)

 

下準備としてこれを一晩冷凍します。
お腐り防止と、凍らせて組織が壊れることでエキスが早く出てくるそうです。

f:id:volubeit:20170621134112j:plain

これは直接体感していただきたいのですが、袋を開けたときの香りがまったく違います。
青梅は、若くフレッシュで、やや青臭さの残るような香り、
熟した梅は甘い香りで、少し桃のような香りがします。

翌日、材料を並べていざ梅仕事!

f:id:volubeit:20170621134139j:plain

少し気になるものが見切れていますが、気にせず漬けます。
(ちなみにうちで飼っている猫のグングンです。)

 

同じグラムの梅と氷砂糖を層になるように交互につめていくだけ、とてもカンタンです。ビン2本を10分ほどで漬け終わりました。

f:id:volubeit:20170621135836j:plain

嬉しくなっていろんなアングルで撮ります。

f:id:volubeit:20170621135817j:plain

グングンはどこでにでも写りたがりです。

f:id:volubeit:20170621135826j:plain

f:id:volubeit:20170621134148j:plain

梅が凍って冷たいので表面が結露してきます。
しばらく置くと氷砂糖が溶けて梅が浸かり、美味しい梅シロップの完成です。

私はいつもお水で割って梅ジュースにして飲んでいます。

梅には疲労回復効果のある「クエン酸」がたくさん含まれているので、
これを飲んでいるおかげか、疲れが尾を引かず、ひと夏元気に過ごせています。

梅は、6月のごく限られた時期にしか出逢えないので、
スーパーで見かけるたびにもうそんな時期なんだと思います。

野菜や果物を通して季節を感じ、時季にあった旬のものをいただく、
これってとてもぜいたくな暮らしだなあと思っています。

普段食べているものの、旬の時季・季節ごとの味の違いなんかを考えながら
いただくと少し見方がかわりますよ!ぜひ。

ちなみに梅はまだスーパーで売っていますので、
作ってみようと思った方は今からでも間に合います!

最後は、主役の梅そっちのけで前に出てきたお写真でお別れです。

f:id:volubeit:20170621134151j:plain

また次回、7月号でもよろしくお願いします!
(夏野菜をテーマしようかと思っています。)

 

 

 

 

 

『LIFE 人間が知らない生き方』(麻生羽呂×篠原かをり)

「生きる」とか「暮らす」とか「働く」といったテーマの本を色々読んでいる中で、タイトルに惹かれた面白い本があったのでご紹介したいと思います。

 『LIFE 人間が知らない生き方』(麻生羽呂×篠原かをり)(文響社、2016年)

f:id:volubeit:20170530134150j:plain

この本では「人間が生き残るための戦略と習慣を学ぶ」ために、20種類の生き物の生態が紹介されています。

「46億年の歴史のある地球で生命が誕生したのは40億年前。(中略)

その中で私たち人類の祖先、猿人が生まれたのは700万年前。

地球の歴史を365日のカレンダーであらわせば、

まだ12月31日の出来事である。

つまり、私たちはあまりにも若い。

他の生物たちに比べ、私たちの生き方はあまりにも定まっていないのである。」

 「我は我、人は人なり」(ネコの教え)、「仕事を追うても仕事に追われるな」
(ミツバチの教え)など、どれも分かりやすくて面白く、納得できるものばかりなのですが、その中から1つ。ウシの教えをご紹介します。

 

ウシは過酷な自然界の中でも「友人関係」をもつ代表的な動物なんだそうです。明確な順位付けのある「タテ社会」で生活する一方で「ヨコ」のつながりも強固で、同じ群れの中に同性の「親友」がいて、これを引き離してしまうと強いストレスで互いに弱り、また見える範囲に親友がいると乳牛だと乳の出がよくなったり、肉牛でもストレスがなく育ったウシの肉は柔らかく味も良くなったりするそうです。
そんなウシの教えは
「持つべきものは友」!
本の中ではこうまとめられています。

「磨きあえる、癒しあえる、よい友人がいることで、味わい深い人間に成長していくことができる。」

 

牧場に行って、牛をよく観察していると、「あの子とあの子が親友かも…」と気づけるかもしれませんね。

牧場の募集情報はこちら!

f:id:volubeit:20170530105339j:plain

家庭菜園のこと

6月になりました!東京でも気温の高い、あっつい日が続くようになってきました。
全国のボラバイト先さんでは、これから育てていくもの、もうそろそろ収穫が始まるもの、いろいろあると思います。

 

私自身はどこかのボラバイト先に行きたい気持ちを抑えつつ、家庭菜園で色々作っています。ラディッシュ、紫蘇、モロヘイヤとゴーヤ・・・夏に向けて、ひとまず簡単なものから始めてみました。
ラディッシュは本当に簡単なので種をまいてから1ヵ月で収穫できました!

ヽ(´▽`)ノワーイ♪赤がまぶしいー。

f:id:volubeit:20170529132423j:plain

 さて。最近、面白い記事を見つけたのでご紹介します。

イケアに注目! 球状デザインの菜園で野菜栽培!?