ボラバイト プチコラム

農業・牧場・宿泊業の求人サイト「ボラバイト」スタッフあっきーのブログです。

【Jason's キッチン】8月号 トマトカレーをつくってみました

こんにちは、ジェイソンです。
8月真っ只中、みなさま暑さで体調は崩されていませんでしょうか?
まだまだ暑い日が続きますがどうぞくれぐれもご自愛下さい。

さて、我が家の食卓もすっかり夏の食材が並んでおりますが、つい先日、一度やってみたかった「トマトカレー」をつくりました。

写真を撮らなかったことを猛烈に反省していますが、作り方もとても簡単なのでレシピと作り方をご紹介します。
   f:id:volubeit:20170815143424j:plain

*作り方 3ステップで完成です!
①材料を切る
トマト以外は好きな具材でOK!カレーなので定番のじゃがいも・玉ねぎ・人参などを使う場合もそれぞれ皮をむいて好みの大きさに切ります。

②玉ねぎをレンジでチン→炒める
お皿に切った玉ねぎを入れてラップ→5分ほどチン→フライパンで茶色になるまで炒める
玉ねぎは火を通すと甘みが増してより美味しくなります。
さらに茶色くなるまで炒めるとお店のカレーのように味にコクが出てひと味違う美味しさに仕上がります。ただ生の状態から炒めるとかなり時間がかかる上に手が疲れてきますが、レンジを活用するとめちゃくちゃ簡単にできるのでおすすめです。

③材料を煮込む
本来だと水を入れて煮込むところですが、今回水は一滴も使わないのです。
鍋に材料を全部入れ、フタをして火にかけるだけ!10分ほどして鍋をのぞくとびっくりするくらいお水でひたひたになっています。最後に良きところでカレールウーを投入して完成です。

*材料
トマト・・・お好きなだけ(私は今回3つ使用)
おこのみの野菜・・・お好きなだけ(今回はジャガイモ・玉ねぎを1玉ずつ使用)
カレールウー・・・1箱  (味見して好みの個数入れて下さい)

今の時期、スーパーでもよく見かけるトマトですが、一度にたくさん使いたい、サラダ以外の料理で食べたいと言った時にもトマトカレー、おすすめです。

意外!と思われるかもしれませんが、トマトには昆布に含まれるうまみ成分「グルタミン酸」が含まれています。昆布を使って「だし」を取りますが、トマトもスープや、今回のように煮込み料理に使うとおいしい「だし」が出てうまみと栄養たっぷりの料理ができあがりますよ!
      f:id:volubeit:20170815144933j:plain
たくさんの野菜やくだものが旬を迎える今の季節、ぜひいろいろな料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか? 
また次回9月もよろしくお願いします^^

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくある質問その1「交通費って出るの?」

「交通費の支給はありますか?」というご質問は多くいただきますが、基本的には支給はありません。ボラバイトの"ボランティア"の部分は、「自主的にボラバイト先へ伺う」という部分を指しています。


ただ、交通費に関して記載があるボラバイト先さんでは支給があります。
「勤務期間を満了した場合」「○月まで勤務した場合」「○週間以上勤務した場合」など条件は様々です。金額的にも「1万円まで」「交通費片道分」といったところが多いでしょうか。

「当社規定により」など条件や金額が分からない場合には、お電話面接の際に直接確認をお願いします!

f:id:volubeit:20170622140915j:plain

最近は、格安航空券などを利用すれば羽田から札幌に行くのに1万円かからなかったり、夜行バスを利用すれば中国四国地方でも6000円前後、もう少し東京から近いと3000円前後で行けたり、なんてこともありますよね。
交通費を抑えるためには、出来れば余裕を持って調べて、早割などを有効活用するのもいいかもしれません。

 

そのほか、よくある質問はこちらから!

www.volubeit.com

 

【Jason's キッチン】7月号☆疲労回復、熱中症対策になる夏の食事☆

Jason's キッチン、はやくも7月号です。ありがとうございます。

今月は暑さに負けず、夏を元気に過ごす食事のあれこれについて書きたいと思います。
朝早くから体を動かして作業するボラバイターさんにも何かの参考になれば幸いです。

f:id:volubeit:20170720110541p:plain
◎筋肉痛・疲れの軽減◎
ボラバイターさんの体験談でも、最初は筋肉痛になって・・・という方が多いので、
体が慣れるまでは筋肉痛はどうしても避けられないと思います。筋肉をいつもよりもたくさん使うことでダメージを受けている状況なので、早く修復してあげる必要があります。

筋肉をつくるもとはたんぱく質なので、とても単純ですが、お肉などたんぱく質が多く含まれているものを食べることが効果的です。過去の記事でも取り上げていますのでぜひどうぞ!

volubeit.hatenablog.com
また体の疲れに効果があるのが、レモンや梅干しなどにもたくさん含まれている
クエン酸」です。名前をみるだけですっぱいですね。運動など体をたくさん使っていると蓄積される疲労の原因物質、「乳酸」の分解に効果があります。

これらの栄養が簡単にとれておすすめなのが、お味噌汁やスープの「汁物」です。
料理が苦手で・・・という方はインスタントでもOK!お鍋にお肉や野菜、なんでも好きなものと水を入れ火にかけるだけで完成です。(インスタントの素を入れれば味付けもいりませんしね!)

栄養もまるごといただける上に食べ応えもあって腹持ちも◎です。あとは一度にたくさん作っておけるので時短にもなります。野菜スープなら翌日カレー粉を加えてカレーにしたり、使い回しもできて非常に便利です。

熱中症対策◎
夏に一番気をつけたいのがこれですよね。
こまめに水分補給をすることが大事ですが、お水をたくさん飲むと逆に脱水してしまう危険があることをご存じでしょうか?

汗をかいて塩分が流れてしまった状態で、お水だけをたくさんの飲むと、
脳みそが「水だけがたくさんある!体の水分バランスが崩れるから体外に出さなきゃ!」と認識してしまい、余計に脱水してしまうそうです。

なのでスポーツドリンクのようなほどよく糖分・塩分が含まれている飲み物を飲んで水分・栄養分をバランス良く補給すことが大切です。また食品にも水分が含まれているので食事をしっかりと食べることが効果的です。
夏が旬の野菜、きゅうりやトマト、すいかなどにも、もちろんたくさん水分が含まれていてさらに栄養価も高いのでおすすめですよ。食べなくてもいいやと思わずに何かしらを食べる習慣をつけることが体調不良予防につながると思います。

どうぞみなさまも健康に快適な夏をお過ごし下さい。
次回まだまだ暑さが厳しい8月号でよろしくお願いします。

f:id:volubeit:20170720110809p:plain