読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボラバイト プチコラム

農業・牧場・宿泊業の求人サイト「ボラバイト」スタッフあっきーのブログです。

「養殖」という隠れカテゴリー

本の紹介 ボラバイト

『東北のすごい生産者に会いに行く』(奥田政行×三好かやの)という本を読みました。この「すごい生産者」というのがどうにも気になって図書館で借りてみました。

 

宮城県名取市のセリ、福島県郡山市の野菜、宮城県南三陸町の牡蠣などなど。震災後の苦労からのふんばりも、それぞれの生産者のこだわりも、単純にすごいなーという尊敬の気持ちしか出てこないような、前向きで力強いものばかりでした。

この本を読んでいての発見が一つ。農業が、種屋さんがいて、苗農家さんがいて、それを育てる農家さんがいるように、牡蠣の養殖も似ているんだそうです。

牡蠣の養殖は、漁業の中でも農業に似ている。種を仕込んで、土の代わりに海がそれを育てるのだ。宮城の種牡蠣は有名で、日本国内はもちろん、フランスなど海外にも輸出されている。同じ牡蠣漁師でも、種牡蠣を育てる人と出荷用の牡蠣を育てる漁師は別。宮城県では、石巻万石浦東松島など、地形が湖のようになっていて、波がとても穏やかな場所で種牡蠣が作られている。*1

知らなかった…。

f:id:volubeit:20170310171314p:plain

養殖といえば、ボラバイトでも実は養殖のお仕事募集もあるんです。

あまり一番最初には見ないページかもしれませんが、「その他」というカテゴリーのページに載っています。今のところ、沖縄県石垣島のもずく・ヤイトハタの養殖鹿児島県南大隅町のハマグリの養殖北海道石狩市のホタテの養殖。3つも!気になるところがあれば、ぜひぜひお問い合わせください。

*1:「不屈の海」『東北のすごい生産者に会いに行く』p.67

「ボラバイトマルシェ」開催のご案内と近況

イベント サンカネットワーク ボラバイト

3月に入ってからはもっぱら

交流イベント「ボラバイトマルシェ」の準備しております。

 

HP等で告知を始めてから、

ボラバイターさん、受け入れ先の方々からご連絡をいただくこともしばしばで、

いよいよ今月だなあ、良いイベントになるといいなあと思いながら

お返事をさせていただいています。

 

今回はこちらのブログでも少々告知させて下さい。

f:id:volubeit:20170308155958j:plain

☆参加希望の方はこちら

☆ボランティア希望はこちらまで

 

さて昨日はイベント会場の「新宿中央公園」を下見して参りました!

f:id:volubeit:20170308153612j:plain

東京都庁の目の前にある広い公園です。

朝早いため閑散としていますが、

イベント当日は、この一角に全国から受け入れ先の農家さん達がやってきます。

 

今回ブースを出店するイベント「TOKYO outside Festival」は

体験型アウトドアイベントなので公園全体がお祭りのような賑やかさです。

去年はあちこちにテントが立てられ、ロードバイクにの乗ったお兄さんが散歩していたり、本当にここは新宿かしら?と思ってしまうほど雰囲気のある素敵なイベントでした。(写真は去年のイベント風景です)

f:id:volubeit:20170308160720j:plain

f:id:volubeit:20170308160851j:plain

f:id:volubeit:20170308155613j:plain

昨年販売した北海道の先端・稚内(わっかない)のとてもおいしい牛乳。

大好評により完売、2~3本おかわりして飲んでいる熱烈なお客さんもいました。

 

去年スタッフとして参加したときも

たくさんの人と交流が出来て相当楽しかったのですが、

今年はイベントに来るお客さんだけでなく、

ボラバイターさんや受け入れ先のみなさんとも交流が出来るので

ぜひ1人でも多くの方に遊びに来てほしいなあと思っています。

 

またちょこちょこ告知するかもしれませんが、

近況を聞いていただければと思います。

3/25・26はぜひボラバイトマルシェへ!

f:id:volubeit:20170308162504g:plain

 

 

 

 

『ききりんご紀行』(谷村 志穂)

本の紹介

皆さんはりんごはよく食べますか?どんな種類のりんごが好きですか?

 

私にとってりんごとは、「風邪を引いた時にすりおろして食べるもの」「実家に帰ってテレビを見ながら食べるもの」であって、日常的に買って食べるものではないように思います。種類で言うと、シナノゴールドが一番好きです。

 

今回は、東奥日報(青森)での谷村志穂さんの連載をまとめた『ききりんご紀行』を紹介します。まず表紙裏に「りんごの種類、いくつ言えますか?」とあって、ずらーっとりんごの名前が並んでいます。28種類もの名前が並ぶ中、私が見たことがあったのは7種類だけ!始めて見た名前は、キュート、紅の夢、星の金貨、冬恋、金星、ニュートンのりんご(こんなタイトルの曲があったような・・・)などなど。

貯蔵技術の進歩で一年中スーパーに並んでいるりんごですが、そうは言ってもそれぞれの種類に旬があって、収穫される時期によって早生種、中生種、晩生種と呼び分けがされるそうです。私が一番気になったのは、お盆のお供えにするために作られるという「夏緑」。谷村さんは「青い色が涼やかで、りんごにはじめて涼をもらった気がした。」と書いています。見てみたい!食べてみたい!秋の連休は青森旅行かな・・・

 

*:.。..。.:*・*:゜お知らせ・*:.。. .。.:*・゜

3/25・26に新宿中央公園にて、ボラバイト先の農家さんが集まるイベントを開催します。ボランティアも募集していますので、気になる方はこちらから!

 

f:id:volubeit:20170302112648p:plain

(この前食べたリンゴタルト。これは・・・紅玉??ふじ??)